• トップ
  • フロン排出法改正に伴う定期点検

フロン排出法改正に伴う定期点検

フロン排出法の改正が平成27年4月1日より施行されました。

この改正に伴い、エアコン等フロン第一種特定製品の点検が義務化されました。
対象施設:エアコン等フロン第一種特定製品を有するすべての施設
対象者:エアコン等機器の所有者及び管理者
・すべてのエアコン機器について3ケ月に一回の簡易点検が必要となります。
・7.5KW(約10馬力程度)以上のエアコンは、冷媒フロン類取扱い技術者が3年に1度の定期点検
・50KW(約75馬力程度)以上のエアコンは、冷媒フロン類取扱い技術者が1年に1度の定期点検
 
点検を怠った場合、50万円以上の罰金が所有者(管理者)に科せられます。
 
対象機器
パッケージエアコン ビル空調(ターボ式)
空調用チラー スクリュー冷凍機
ガスヒートポンプ 冷蔵、冷凍機
自動販売機 ビールサーバー
製氷機 冷水機 等
対象となる冷媒ガス

R12、R22、R407C,R410A他すべてのフロン類

御社では、この法改正に伴う定期点検も承っております。
フロン排出法に基づいた点検表を作成し、冷媒ガス圧・室内外機の吹出温度、吸込温度等を測定。

 

 

測定結果を点検表に記入し、お客様にお渡しいたします。
点検の見積り依頼、疑問、相談等ありましたら、ぜひお問い合わせください。

           201507241359_1.jpg
工事・製品に関するお問い合わせ tel:03-5647-1201